ピナクルスポーツで錦織圭選手を応援していました

錦織圭君の全米オープンテニストーナメントの準優勝で、日本のテニスファンが増えたように思います。
日本人初めてとなる4大大会決勝戦進出という事で沸いていましたが、無料のテレビでは放送されず、唯一有料のwowow での放送となっていたため、
高い受信料を払っているNHKには、なんで試合の放送をしないのだという抗議の電話が殺到したようです。私も同意見でした。
ピナクルスポーツで見ていたのでいいのですが。

日本が予選敗退したワールドカップサッカーでは、
100億円もの報道権を払って、放送しているのに、それは矛盾していますよね。
その講義のおかげか、試合後に再放送を決めたNHKのおかげで、彼の負けた決勝戦を見ることができました。
NHK
それまでの2試合は、4時間以上の接戦を制してきた錦織君でしたが、
決勝戦で緊張していたからか、動きがよくありませんでした。

相手の早いサーブに押され、またちょっとリターンが
短くなったところを角度のあるコースに打ち込まれ、
最後まで彼のテニスをさせてもらえないまま終わってしまいました。
ピナクルスポーツで絶対に勝てると思っていたのでちょっと残念です。

表彰式では、魂が抜けたような
放心状態の顔が、彼の落胆ぶりを物語っていました。
この次こそ、優勝してくれることでしょう。

この敗戦で得た問題点を改善して、この次は優勝してくれることを心から期待しながら
ピナクルスポーツで応援していきます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ